長方形 1 のコピー.png

COVID-19でさらに加速する研究スピード

​わずか1ヶ月で論文出版を実現させた先生が明かす、極意とは…?

弘津 陽介 先生

山梨県立中央病院

ゲノム解析センター

世界中で感染拡大が広がる中で、

研究成果をスピーディーに公表し、

共有することは重要だと思います。

​執筆から出版までの軌跡

Q & A

スピードがますます重要になる研究とその発表のサイクルにおいて、有益な第三者支援とはなんでしょうか?

ネイティブではないため、英文の言い回し、スペルミスは原稿が仕上がった段階で散見されると思います。

結果を論文としてスピーディーに公開する際、その点を補完するために研究経験を有するネイティブの方に校閲いただくことが大事と考えます。

スピーディーに原稿をまとめられ、発表されるにあたり、心掛けられたのはどんなことでしょうか?

新型コロナウイルスについては、解明されていないことも多く、自施設での検討が必須と考えました。

執筆終了後は、いかに「速く・効率的に」投稿できるかがカギ!

​英文校正

2営業日のスピード校正で、

​原稿をすぐに投稿できる状態にしてお返しいたします。

お急ぎの方も安心!

1営業日返却のエクスプレスもご用意しております。

※エクスプレスのご依頼時間は14:00までとなっております。

ご了承ください。

​投稿準備特急サービス

投稿に必要な作業がすべて含まれた

パッケージサービス

投稿ジャーナルの選択、事前査読、英文校正、

ジャーナルの投稿規定に沿ったフォーマッティングなど、 このサービスで投稿の準備が完了!

【ポイント2倍対象サービス】

7月中に上記サービスをご依頼いただくと、もれなくm3ポイント2倍に!この機会をお見逃しなく!

フリーダイヤル 0120-554-685 / Tel 092-715-7208

受付時間:09:30 - 18:00(月〜金)

〒810-0075 福岡市中央区港2-12-13 エダンズBld.

©2020 by Edanz Group Japan Inc